相続に関する豆知識

相続に関する豆知識

相続により継承される財産

人が亡くなるとその人と一定の関係がある妻や子に財産を継承する事です。
相続の順位も決まっており妻と子供の場合には配偶者に1/2残り1/2は子に継承されます。引き継ぐ遺産は土地や建物などの不動産、預貯金、有価証券などプラス財産のほか貸付金や売掛金、借金、損害賠償債務などのマイナス財産も含まれます。但し位牌や墳墓、生命保険金や死亡退職金、遺族年金などの契約や法律に基づき支払われるものは含まれません。
相続は人が死亡した時に開始され通常の死亡の他に失跡宣告や認定死亡も含まれます。
財産を継承する人が生存していなければ財産を引き継ぐ事ができませんからその場合は代襲相続になります。負債財産を引き継ぐ事が多い場合には放棄や限定承認の手続きをするとよいでしょう。
手続きをしないとプラス財産もマイナス財産もすべて継承する事になります。死亡後3か月以内に手続きをしないとすべての財産を継承する事になりますから注意が必要です。
相続開始後や手続き後に財産を処分したり隠匿したり消費したりした時には手続きが無効になりすべての財産を継承しなければならなくなります。
亡くなった人の遺言があれば遺言が優先されますがない時には法律に定められた方法で継承されます。

相続できる人とその割合

誰かが亡くなった時、その人の遺産は遺族に相続されます。どんな人が、どの位の割合で遺産を受け取れるのか、代表的な例で分かり易く説明します。
まず最優先されるのは配偶者、つまり亡くなった人の奥さん、旦那さんです。
まず配偶者が遺産を受け取り、残りを優先順位の高い者から順番に貰います。配偶者以外では子どもが第一順位、両親が第二順位、兄弟姉妹が第三順位と続きます。
相続できるのは配偶者と順位の高い者、となります。例えば男性が亡くなって妻と子どもがいた場合は、妻に半分、子どもに半分の割合です。子どもが2人いた場合は半分の半分、つまり4分の1ずつ受け取ることになります。妻の割合は2分の1で変わりません。
そしてこのケースでは、男性の親や兄弟がいても妻と子どもだけ遺産が貰えます。
次は男性が亡くなった時子どもがおらず、または亡くなっており、妻、両親が健在の場合です。この場合は妻に3分の2、両親に3分の1です。両親がどちらも存命でしたらそれぞれに6分の1ずつとなります。
最後に子どもも親もおらず、妻と兄弟姉妹がいた場合です。妻には4分の3、兄弟に4分の1が相続されます。兄弟姉妹が複数いる時はその人数で4分の1を等分します。
以上が単純な図式です。実際はもっと複雑な場合も多く、子どもが亡くなっていてもその子ども、つまり孫がいる場合や法定相続とは違う割合の遺書を故人が残していた場合などがそれにあたり、上記とは違う結果になります。

check

ご家族送迎無料〜お引取り合同火葬、お預かり個別火葬は24時間出張無料でご対応します。

ペット火葬を依頼

開店祝い・就任祝い・新築祝い・開業祝い・など御祝いの花はもちろん、お悔やみの花にも対応いたします。

胡蝶蘭専門店はこちら

誰でも無料で参加できるモニターサイト!

商品モニター

高品質なシール印刷を小ロットから大ロットまであらゆるニーズに対応しています。

シール印刷

大阪の医学部予備校ゼミナール「医進の会」は独自の授業内容で高い合格率を誇ります。

大阪の医学部予備校はこちら

個性豊かなハムスターを見て、楽しい気分になりましょう。

ハムスター牧場

融資や出資に必要な事業計画書や創業計画書ならお任せ!作成実績、1千件を突破!

事業計画書の作成なら

2016/12/6 更新